ノートは自分のため、体裁にはこだわらない

ノートは授業・講義の後見直そう

きれいに書くことにこだわらない

ノートの取り方にあまり神経質にならずに、特に高学年・高等教育に行くほど、授業に集中して重要と思われることを書き留めていきましょう。その際にノートに余白をたっぷり取っておくとか、極端な話ノートの見開きの右半分を使わないでおく、書いた後その場で大切だと直感で思ったことを下線とか丸囲みとかして、自分の注意を促すようにしましょう。
重要なところを整理しようとしながらノートを取っていると、結局大切なことを聞き漏らす恐れがあります。また授業・講義全体を通してでないと、重要な点やもっと掘り下げて調べなくてはいけない点が解らなくなります。
大学の講義などでよく解らない専門用語が出てきたときにも、焦らず聞いたままに仮名などで書き留めておきましょう。解らなくてそれに引きずられていると、講義がどんどん進み別の重要なことを聞き漏らしてしまうことがあります。

見直して、整理することも大切

ノートは先生に提出する場合もありますが、多くは自分の勉強のための道具です。提出することを考えなければ、自分だけ解れば良いとの割り切りも必要です。
授業中・講義中集中して書き込んだノートを、復習の時に見直して、ノートの余白に例えば、赤字で書き込んだり削ったり、誤字・脱字、漢字や英語の綴りが分からなかったものを調べて書き込んでいきます。
話題となったノートの1ページに線を引いて仕切って使う方法も、講義や講演のあと自分が調べたり整理したことをまとめたりすることが目的になっています。
大切なのは見直しや調べ直し・整理は講義や講演の終わった後、まだその記憶が残っているうちに行うことです。遅くなってしまうと講義や講演の自分なりのポイントが不鮮明になり、その講義や講演が自分の知識として生かされなくなります。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ